ファブリックパネルでお洒落に

ファブリックパネルとは布で板状の物を包み込み、四隅を張りアート作品のようにしたものです。
壁や台に飾ったりして居住空間をお洒落に演出することができます。
部屋が殺風景で何か飾りたい時には、写真やポスターが良く使われると思います。
そういった物に飽きた方はファブリックパネルはいかがでしょうか。
小さな物から大きな物までありますし、作ろうと思えばできないこともありません。
市販の気に入った布を購入して、板に貼り付ければ自作のファブリックパネルができます。
同じ柄で何個か作れば統一感がありますし、大きいのを一つ壁に飾って存在感を出すのも面白いでしょう。
素材が布ですから、柔らかい印象になります。
小さいお子さんのいる家などは、なかなかそういった事に手をまわす時間が限られてしまいますが、お子さんと一緒に手芸屋さんに行く機会があれば好きな生地の柄を聞いてみると良いでしょう。
その生地を買っておいてファブリックパネルを一緒に作るのも良いですし、子供が寝静まった後に自分で作るのもよいでしょう。
一緒に作った物は思い出になって大事にしますし、御自分で作った場合はプレゼントとして渡すと喜んでくれるでしょう。
部屋もお洒落になり一枚の布で少し楽しい生活ができそうです。